QUALITY 安心の性能・品質

ずっと安心、毎日気持ちいい。
高い性能、高い品質が続く
マイホームを。

QUALITY01

安心性能、災害に強い家

耐震と制震のハイブリッドで
つくる、地震に強い構造

耐震 阪神淡路大震災の1.5倍の揺れに耐える。
×
制振 繰り返しの揺れに強い。
耐震 阪神淡路大震災の1.5倍の揺れに耐える。× 制振 繰り返しの揺れに強い。
耐震EARTHQUAKE PROOF

先進テクノロジーによる
最高レベルの耐震性能

「グランドスクラム構法」でつくる
耐震等級3相当の強い構造体

「グランドスクラム構法」は構造材や接合金物、施工に至るまで先進の技術を結集。在来木造軸組工法の特長を活かしながら、独自の技術で接合強度の向上・安定を図り、住宅性能表示制度の耐震性における最高等級「耐震等級3」相当の強固な構造体を実現しています。

  • テクノスター金物

    テクノスター金物

    構造体の接合部を金物で強固に緊結することで、柱等の切り欠きを最小限に抑え、構造材本来の強度を引き出します。

  • 剛床工法

    剛床工法

    各階の床に、梁と床面を固定し一体化させる「剛床工法」。地震や台風時の横からの外力に強い家を実現しました。

  • プレカット構造用集成材

    プレカット構造用集成材

    強度や寸法安定性が高い構造用集成材を、予め必要なサイズ・形状に工場で加工し、高い精度と品質を確保しています。

  • 家全体の荷重を支えるベタ基礎

    床面全体に格子状に鉄筋を入れ、荷重を面で支えるベタ基礎を採用。150mmの立ち上がり幅を確保し、建物を支える支持力を高め、鉄筋の防錆にも配慮しています。

    家全体の荷重を支えるベタ基礎家全体の荷重を支えるベタ基礎
  • 新技術・スクリュードライバー
    サウンディング試験による地盤調査

    一般的なスウェーデン式サウンディング試験を進化させた新技術の地盤調査を全棟で実施。ボーリング調査並みの高い精度で土質まで判定し、将来的にも住まいを支えられる地盤であるかどうかを診断します。

    新技術・スクリュードライバーサウンディング試験による地盤調査新技術・スクリュードライバーサウンディング試験による地盤調査
制振DAMPING

高層ビルの技術を利用し、
家全体を制振装置に

次世代制震システム「EVAS」でつくる
繰り返しの揺れに強い構造体

高層ビルの制振装置に用いられる粘弾性体を、壁の枠と構造用面材の間に挟み込み、強力な粘りで揺れを吸収。繰り返しの揺れにも強い構造を実現しています。構造用面材を用いることで一般的な筋交いによる補強に加え、壁面の耐力性をより高めています。

地震に強い性能は実物大実験による研究と実証が行われています。


アイフルホームでは、阪神・淡路大震災クラスの大きな揺れと、その余震を想定した実物大実験を防災科学技術研究所にて実施。アイフルホームの家の地震に対する高い安全性は実験により実証されています。

鉄筋コンクリート造と同じ水準でつくる、火災に強い構造

耐火FIREPROOF

万が一の火災から
住まいと家族を守る

安全性と経済的メリットがある
省令準耐火構造

「省令準耐火構造」とは住宅金融支援機構の定める防耐火性能の基準を満たすもの。RC造や鉄骨造と同レベルの耐火性として区分され、一般木造住宅に比べ火災保険料も割安に。大切な住まいの被害を最小限に抑え、家族の命を守るための基準構造です。

  • 外部からの火をもらいにくい。
  • 一定時間部屋から火を出さない。
  • 家屋内の延焼を遅らせる。

QUALITY02

快適性能、
夏涼しくて冬暖かい家

高気密高断熱の家は、
体にも家計にもやさしい。

空調効率が上がり、省エネで快適に。

夏は外からの熱を遮り、冷房効率をアップ。冬は暖房で暖めた空気を外に逃さず、快適な室内環境に。家そのものの断熱性・気密性を高めることで、一年を通じて心地よく、部屋ごとの温度差も抑えて家中どこでも快適に過ごせます。体への負担も軽減し、省エネも叶えます。

断熱INSULATION

HEAT20G2グレードを上回る
断熱性能

UA値0.3W(㎡/k)断熱性
の高さを
数値で証明

断熱とは、外壁や床、屋根、窓などからの熱の出入りを断つこと。断熱性の高さは、外部へ逃げる熱量の平均値、「UA値(外皮平均熱貫流率)」で表すことができます。高性能断熱パネル「HQP-W」を使用したアイフルホームの住まいのUA値は0.3w(㎡/k)。省エネ基準やZEHよりも高い水準が求められるHEAT20 G2グレードをさらに上回るほどの優れた断熱性能を実現しています。

※最上級仕様

HEAT20 G2グレード
  • 高性能断熱パネル「HQP-W」

    高性能断熱パネル「HQP-W」

    HQP-Wとは、構造用面材で高性能断熱材ネオマフォームを挟みこんで一体化した壁パネルに加え、柱の外側にもネオマフォームを追加で施工することでダブルの断熱層を設けた断熱工法。HQP-Wと同等の断熱性を高性能グラスウール(10K)で得るためには、新省エネ基準で定められた厚みの約7.1倍もの厚さが必要になります。

    ※最上級仕様

  • Low-E複層ガラス×樹脂サッシ

    Low-E複層ガラス×樹脂サッシ

    熱の出入りが最も多いのは、窓などの開口部。家の断熱性を高めるためには、窓の断熱対策がとても重要です。アイフルホームでは、クリプトンガス入りのLow-Eトリプルガラスと樹脂サッシの組み合わせで世界トップクラスの断熱性を実現する窓を採用。冬の寒さ・夏の暑さを寄せ付けず室内の心地よさを守り抜きます。

    ※最上級仕様

気密AIRTIGHT

隙間を減らす高気密構造

気密測定を行い、
C値平均0.54㎠/㎡を実現。

気密とは、隙間をできるだけ少なくし、空気の出入りを減らすこと。気密性の高さは、「C値(相当隙間面積)」で表すことができます。アイフルホームの家のC値は平均0.54㎠/㎡。家中の隙間を集めても、消しゴム約3個分ほどの隙間しかないことが気密測定により実証されています。

Merit 気密性が高いことのメリット ・エアコン、冷暖房の効きがよくなる ・花粉やウイルスの進入が減る ・遮音性が高まる ・壁体内結露が減り、腐朽やシロアリ被害が減るMerit 気密性が高いことのメリット ・エアコン、冷暖房の効きがよくなる ・花粉やウイルスの進入が減る ・遮音性が高まる ・壁体内結露が減り、腐朽やシロアリ被害が減る

気密測定を行い、C値平均0.54㎠/㎡を実現。 気密測定を行い、C値平均0.54㎠/㎡を実現。

高機能の換気システムで
快適な室温のまま、
いつも新鮮な空気に。

換気VENTILATION

きれいな空気で健やかに、
心地よく

最新の換気設備、
ダクトレス
第一種熱交換換気システム

機械による強制給気・強制排気で、最も空気の流れを制御でき確実に換気ができる、第一種換気方式。天井裏につけた熱交換機で冷暖房時の換気による熱ロスを防ぎます。給気口にはPM2.5に対応する微小粒子用フィルターを搭載し、外気をきれいにしてから室内へ取り込みます。

※最上級仕様

Point 換気システムの特徴 ・熱交換式で冷暖房で調節した室内温度を外に逃さない ・花粉やウイルスをフィルターで除去 ・湿気の少ない空気環境でカビやハウスダストを抑制 ・お部屋にこもる匂いを排出Point 換気システムの特徴 ・熱交換式で冷暖房で調節した室内温度を外に逃さない ・花粉やウイルスをフィルターで除去 ・湿気の少ない空気環境でカビやハウスダストを抑制 ・お部屋にこもる匂いを排出

熱交換気のしくみ

※最上級仕様:最も高いグレードを採用した場合に発揮される性能を記載しています。家づくりの性能については、デザイン・暮らし方・ご要望に合わせた最適案をご提案します。

QUALITY03

耐久性能、長持ちする家

徹底した通気工法で、
永く住み継げる住まいに。

  • 躯体の劣化を防ぐ小屋裏通気工法

    躯体の劣化を防ぐ小屋裏通気工法

    住まいの耐久性を高めるためには、腐朽や劣化の原因となる湿気を構造内にためないことが重要です。日中は熱気と湿気がこもりやすく、夜間外気温が低下するとその温度差によって結露が発生しやすい小屋裏。アイフルホームは、暖められて上昇する空気の原理を利用した棟換気を設けて、湿気と熱気を外に逃がす通気工法を採用しています。

  • 腐食やシロアリを防ぐ床下全周換気腐食やシロアリを防ぐ床下全周換気

    腐食やシロアリを防ぐ床下全周換気

    地面からの湿気がたまりやすい床下は、換気性能を約20%~30%向上させるテクノロジーを採用。土台と基礎の間に「床下換気部材」を入れ、家のどの位置からでも床下に風が取り込める「全周床下換気工法」で構造材の腐朽やシロアリ被害を防ぎ、耐久性を高めています。